手軽にDataURIに変換できるChromeアプリを作ってみた

カテゴリ:ツール 2011年6月22日 08:55

Google Chromeアプリを作ってみた

ちょっと仕事でChromeアプリについて調べる必要があったので調べていたら、かなり簡単に作れそうだったので試しに作ってみた。

いつも、ちょっとした画像をDataURIに変換するためにブックマークからサイトを開いたり、ということをしていたのだけど、それが以外にめんどくさかったので、Chromeのホームから直に開けるのはいいなぁ、ということで作ってみたアプリ。その名も「Convert to DataURI」。

操作は簡単ドラッグ&ドロップ

操作方法は簡単です。インストールして起動後、DataURIに変換したい画像を、左カラムにある「Drag&Drop image here」と書かれた箇所にドラッグ&ドロップするだけ。

すると右下のボックスに、Base64にエンコードされ、DataURI化された文字列が表示されます。あとはこれをコピペするだけで使用することができます。IE対応などを視野に入れるとなかなか使いどころが難しいですが、jsdo.itjsfiddleなどの画像がアップできないサービスには重宝すると思います。ぜひ使ってみてください。

この記事のカテゴリー一覧を見る⇒ツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

http://css-eblog.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/194