IEのCSSの不具合を直す魔法の言葉「zoom:1」

カテゴリ:備忘録 2007年5月17日 17:50

今回もまた備忘録的なものです。

IEのCSS表示で、たまになんだか変な挙動になることありませんか?
高さがおかしくなったり、場所がずれたり。
ちょっとどこで読んだか忘れてしまったんですが、どうやら特定のスタイルを適用すると、レンダリングが変わるんだかなんだかだとか。
hasLayoutがONになるプロパティを指定すると、CSSの解釈が変わります。(IEのみ)

なので、たまに「height」や「border」を設定すると表示が改善された、なんてことありませんか?
それらが、その「特定のスタイル」のようです。
だから、それらを設定することで正常に表示されたりするんですね。

ただ、borderにしろheightにしろ、IE用に適用させてしまうと、他のブラウザ(Firefoxとか)に影響が出ちゃいますよね。

そんなときに「zoom:1」です。
これはIE独自スタイルにも関わらず、上で書いたように「特定のタグ」の中に含まれます。
なので、heightなどで表示が改善されるような場合、そのスタイルに「zoom:1」を指定しておけば他のブラウザに影響を与えることなくIEだけにスタイルを適用することが可能となります。

なんかで行き詰ったら試してみるといいかも?

トラックバックURL

http://css-eblog.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/40

コメントを投稿





承認されるまでコメントは表示されません。しばらくお待まちください。